ギフルを使ってitunesカードを売ってみた

今話題のギフルを知っていますか?Amazonギフト券、iTunesカード、Google Playカード、LINEプリペイドカード、楽天スーパーポイントなどを売ったり買ったりできるサービスです。

 

私はネット通販やスマホでの課金をしたことがなく、これからもする予定はありません。それなのにiTunesカードをインターネット接続のサービスに加入すると頂けたんですよね。どうしようもなく放置していたら、ギフルというのを見つけて出品してみることにしたんです。

 

ギフルで出品は簡単で、スピード感が半端なかったですね。結果から言うと、出品したその日にもう全てが完結しました。

 

まずギフルにユーザー登録をします。もちろん無料で登録できましたよ。そして次にiTunesカードを出品します。出品って言ってもiTunesカードの情報を入力するだけです。

 

これで完了しました。そして誰かさんが購入してくれると、通知がメールで届きました。ものの数分で購入完了することもあるみたいですねー割引額の大きさによっては。

 

そして私の専用口座に入金され出金する手続きをして、次の日に銀行口座に振り込みがされていました。

 

このスピード感は凄いですよね。ヤフーオークションやメルカリだったら発送もいちいちしなくてはいけませんし、購入者と連絡を取らなくてはいけませんし、めんどくさいですよね。

 

でもギフルは面倒と思うようなことはありませんでしたので、ギフトコードを持ってて売りたいなら、超おすすめですよ。