フリルとギフルの違い

フリルというフリマアプリをご存知でしょうか。これはファッション関係の品の個人売買が出来るもので、現在500万ダウンロードもされている人気アプリとなっています。

 

登録はもちろん無料でできるし、出品も無料でできます。あなたのスマホから写真を撮り、そこから出品できるので3分もかかりません。

 

そして金銭取引の面でも安全が保証されているので、人気となっています。

 

あなたは服の断捨離をしていますか?着なくなった服もたくさんあることでしょう。断捨離の本に書いてあったことですが、タンスに眠ってる服で1年間着なかったら捨てた方がいいらしいです。

 

そういったものを集めると、何着もフリルで出品することができて、思わぬ臨時収入があなたの手元に入ってくるかもしれませんよ。

 

一方、フリマアプリでまた新たに旋風を巻き起こそうとしているものがリリースされました。それはギフルです。

 

ギフルはフリマアプリと言えばイメージしやすいと思いますが、中身はフリマではありません。

 

フリルはファッション関係のものしか取り扱わないんですが、ギフルではギフトコードしか取り扱いません。

 

ギフトコードというのは、AmazonギフトカードやGooglePlayカード、iTunesカードのことで、コードを入力して初めて使えるものです。

 

ギフルでは出品者がギフトコードを出品し、提示額に納得した購入希望者が早い者勝ちで購入できるようになっています。

 

フリーマーケットみたいに値下げやオークションみたいに値段をつりあげていくということはないんですよ。