ギフルとはこんなサービスです!

ギフルとはこんなサービスです!

このページではギフルと言う、ギフトカード売買支援サービスについての情報をまとめます。

 

ギフル公式サイトへ行きたい方はコチラ

 

ギフルって一体何?

ギフルというギフトカード売買支援サービスが始まりましたが、ギフルとは簡単に言うとこんなサービスです。

 

メルカリのギフトカード版

 

基本的にメルカリやフリルなどのフリマアプリではオンラインギフトカードを出品することが出来ません。

 

また、ヤフオクで販売しても取引に時間がかかり今すぐギフトコードを手に入れることは難しいです。

 

その点ギフルはギフル上でギフトカードを購入すればすぐに使うことが出来るのです!

 

ギフトカードって一体何?

ギフルで販売できる「ギフトカード」とは、オンライン上で使えるギフトカード(ギフトコード)のことです。

 

阪急百貨店の商品券や、図書カードなどもギフトカードですがギフルでは販売できません。

 

ギフルの評判は?

ギフルはまだまだ始まったばかりのサービスですので、評判を探している人も多いはず。ここではネット上に書かれていたギフルの評判をまとめます。

 

定価以下で買えるのが良い
どこで買っても本来なら同じ値段(定価)でしか購入できないiTunesカードが定価以下で買えるのが嬉しい。僕の場合は92%で購入できました。少しでも安く買えばその分課金できる額も増えるので、チビチビしてますがこれからも使っていきます。

 

取引が最小限で良いのは嬉しい!
ギフルで初めてGoogleplayカード購入しました。面倒な評価や出品者とのやり取りが不要でスムーズにチャージ出来ました。私みたいにゲームに課金する人にはぴったりのサービスかと思います。

 

チャージするまでお金が渡らないので安心
ギフルの何が良いって、iTunesカードを購入してもコードが違うとか既に使われてるとかで、チャージに失敗すると相手にお金が渡らないこと。これで安心して購入できます。

 

ポケモンGOやるならギフル!
今流行のポケモンGOやるなら絶対ギフルでiTunes/Googleplayカードを購入するべきです!外に行かなくても取引完結出来ますし、実際に課金できる金額よりも安く買えるのはありがたい!Amazonギフトなどは使わないので逆に出品していまーす

 

ギフルって信用出来るの?

やはり私も含めて皆さんが一番知りたいのは「ギフルは信用できるの?」と言うことですよね。

 

信用できるかどうか確信を得るために、ギフルを運営する会社は一体どこなのか?を調べました。

 

ギフルを運営している会社は株式会社ギフトプライスと言う会社で、ギフルのためだけに設立された会社のようです。

 

これだけですと不安ですが、親会社?と言うかグループ会社があるようです。

 

それは、コンタクトレンズの通販ショップを運営しているバレンテグループと言う会社のようです。通販ショップだけではなく、コンタクトレンズショップも運営しているようですね。

 

すなわちバレンテグループのギフル運営部門が、株式会社ギフトプライスのようです。実態があるのは当然しっかりとした会社ですので、ギフルに関しても信用して良いですね。

 

ギフト券の購入手順は?

ギフルでギフトカードを購入する手順はいたってシンプルです。

 

  1. 無料ユーザー登録
  2. ギフルの銀行口座へ入金
  3. ギフト券購入
  4. ギフトコードを使う
  5. 銀行から販売者へ自動出金

 

事前に商品代金を入金しますが、販売ユーザーにお金が渡るのは「ギフトコードが使えた後」です。

 

ですので、コードミスによるエラーなどでは相手にお金は渡らないのは嬉しいですね。

 

ギフルへ参加するにはこちら

ギフルは安全にギフトカードが取引できる便利なサービスということがわかりました。

 

安くiTunesカードやGoogleplayカードを手に入れたいという方は、是非ギフルへ参加しましょう!

 


 

ギフルで購入/販売できるギフトカードは?

前述したようにギフルでは、ギフトカードの売買とは言いますが、実際はオンライン上で使用できるギフトカードのみを売買出来ます。

 

ギフルを使って売買できるギフトカードは下記の5種類です。

  1. Amazonギフト券
  2. iTunesカード
  3. Googleplayカード
  4. LINEプリペイドカード
  5. 楽天スーパーポイント

 

これらのギフトカードであれば、定価よりも安く購入することが出来ます。

 

ギフルの登録は無料?手数料は?

ギフルに登録するにはお金はいりません。商品を購入しないかぎり無料です。ギフルへ登録するにはメールアドレスさえあればOKです。

 

ギフルでiTunesカードやGoogleplayカードを出品して、誰かが購入してチャージすれば取引完了となります。この取引が完了したタイミングで【出品者にのみ】販売額の2%の手数料がかかります。

 

すなわち、1万円のiTunesカードを9000円で販売し、取引が完了した場合は、出品者に180円の手数料がかかるということです。

 

しかし、この販売手数料は2017年の9月末までは無料のようですね。と言うことはギフルで購入するにしても販売するにしてもお金はかからないと言うことになります!